無料プレゼント

クロスファイアFX 10年間年間ベース無敗を誇る高収益FX自動売買システムトレードソフトのお試し版が無料でライブ取引で使えます。
クリックして申し込んで下さい。
Newsです!
クロスファイアFX本体が、限定300名様に、通常49,800円のところ、なんと、10,000円にて販売だそうです。
無料版でいい結果でてますので今こそ買い時かもしれません。
実践ブログはこちらです。→http://tim36fx.blogoo.ne.jp/
レビュー・サイトはこちらです。→http://www.tristagfx.com/

~米1月雇用統計、今夜発表~

2011 2月 04 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by kabunosuke-adm

本日(2月4日)市場の関心が最も高いイベントは、米1月雇用統計です。

米1月雇用統計【22:30】
●失業率
予想:9.5%(前回:9.4%)

●非農業部門雇用者数
予想:+14.0万人(前回:+10.3万人)

先月(1月)に発表された12月米雇用統計の結果は失業率が9.4%と大きく改
善し、また前回分の非農業部門雇用者数が上方修正される結果となりました。
しかし前哨戦とされる12月ADP雇用統計(民間)が事前予想を大きく上振れて
いただけに、発表前までの期待感は予想以上に大きかったのが実状です。この
ため事前予想からやや少ない+10.3万人に留まった非農業部門雇用者数はサプラ
イズとなり発表後にドル売り・円買いへと傾斜しました。この影響でドル円は
83円半ばから82円半ばへと下落を見せたのですが、前記した失業率の大幅改善
を背景に下値も支えられ、さらなる下値追いにはつながりませんでした。

本日発表される米1月雇用統計も、前回時と雰囲気が似通っている感があり
ます。2日発表のADP雇用統計(民間)が事前予想を大きく上回ったことから本
日の米雇用統計に対する期待感が高まっており、リスク選好による米国債下落
(長期金利は上昇)からドルが買い戻される動きを見せているからです。

もっとも最近はADP雇用統計と米雇用統計の相関性が薄れてきており、米雇
用改善に対する安易な期待は禁物な状況となっています。また米雇用統計は事
前予想との乖離が多く、荒れやすい経済指標としても知られています。このた
め前回と同様の動きを見せるとは限らず、事前予想に反した場合の急変を含め
て、複雑な動きとなる可能性まで考えられるところです。いつも以上に警戒が
必要な米雇用統計となりそうですね。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

特別プレゼント

FXとその商材に関するメールマガジンを不定期にお届けします。
お名前 ※
E-Mail ※